スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCゲーム CPU このへんの話 ( ´^ิ^ิ`)ノ

どうも~久方ぶりの更新になります、モッチですよ~(・ω・)ノ

今回のネタはパソコン苦手・ゲームはあまり興味が…って人には不向きな内容ですが;

最近はめっきりドラゴンクエストモンスターズ1・2にハマッてますよぅ…と

今回は某ゲーム情報サイトで興味深い記事を発見したのでその事について

お題【今後のPCゲームとCPU】

よくある話で「PCゲームをしたい」「でもパソコン選びってどうすれば(汗)」

みたいな話になった時に大概の場合に出てくるのがPCスペック

昨今いろんなPCゲームやオンラインゲームをやる中でPCスペックの話は定石

その中でもやはりグラボの話、呼び方は

グラフィックボード・グラフィックカード・ビデオボード・ビデオカード略称でVGAなど

さまざまな呼び方がありますが基本的には同じものを指していたりします。

最新のグラボではPC処理の一部を担ってしまうものまで…

そんなグラボの性能が注目される中あえて今回はCPUについてです♪

話がズレましたが、PCの脳みそとも言えるコア【CPU】

CPU選びのよくある疑問、「CPUって結局なにがいいの?」です。

今後のCPU選びに参考になりそうな、記事を拾ってみましたのでご参考までに

詳細は続きから
まず、みなさんマルチスレッドというのをご存じだろうか?

噛み砕いて平たくかいつまんで言うと

同時にいくつかのプログラムを走らせる処理なのですが(厳密に言うと全く同時ではない)

そのマルチスレッド処理を使ったゲームが昨今増えてきているのです。

ちなみに従来はシングルで処理を走らせるので1つの処理が終わってから次の処理、次と。

なるのですが、そのマルチスレッド処理を使ったゲームにおいては当然ながら処理する

ゲーム内情報量が格段に上がる。そしてその処理を行うのが【CPU】です。

Core 2Duoで十分・クアッドでも大した性能差はない・i7はまだ怖いなど様々な意見がある中

この表を見てほしい↓

CPUパフォーマンス1
(4gamer.net様より転載)

これはそれぞれのCPUを決まった環境下でテストを行った結果で

テストに使われたのは「Grand Theft Auto IV」

マルチスレッドへの最適化が進んだ「Grand Theft Auto IV」なだけあって

論理8コアCPUとして機能するCore i7が頭一歩抜け出して

続いてPhenom II X4とCore 2 Quadが続く格好。

わずかの差であるとはいえ、Phenom II X4 955がCore 2 Quadの最上位を押さえて

4番手の位置に食い込んでいる点や、Intel製CPUがモデルナンバーどおりの順番

に並んでいる点は大変興味深い。

一方、デュアルコアCPUのスコアはやや芳しくなく

とくに「高クロックのデュアルコアCPU」の代表例の一つ「Athlon 64 X2 6400+/3.2GHz」は

Core i7の半分強のスコアしか示せていない。GTA IVのような、マルチスレッドへの

最適化が進んだタイトルでは、第一に論理コア数,そしてキャッシュ周りを含めた

コア間のデータ転送仕様がパフォーマンスを左右するという認識で正しそうだ。

そしてこちら↓

CPUパフォーマンス2
(4gamer.net様より転載)

CPU使用率をまとめたもの

面白いのは、パフォーマンスの並びをひっくり返したような形のグラフになっていること

Core i7ファミリーが、30%にも満たない使用率でありながら

最大のパフォーマンスを発揮している一方、Core 2 Duo E8000番台や

Athlon X2,Athlon 64 X2では、90%前後で“ブン回し”ても,クアッドコアCPUに

届かないスコアしか示せていない。

Phenom IIやCore 2 Quadの中堅クアッドコアCPUだと、使用率は50~60%。

CPU使用率に余裕のある状態のほうが、ゲームはより安定して動作することを考えると

GTA IVを満足にプレイすることを前提にしたとき、デュアルコアCPUは上位モデル

でも少々厳しい状況を迎える可能性があるとはいえそう。

と、いろいろ考察してみたが今の段階ではマルチスレッド最適化も

劇的に進化する様子はなく今回結果もマルチスレッドへの最適化が進んだ

「Grand Theft Auto IV」だからの結果と言っていいものだと…

なので今すぐクアッドコアCPUに変えたからと言って恩恵が受けられるわけではなく

むしろ、受けられないか、受けられても、ほとんどメリットにならないものが大多数。

【結論】

現状ではCore 2Duoが安定、PCの総合スペックに伴いクアッドコアCPU

そしてCPUの使用率を抑えながら、高いパフォーマンスを発揮できるクアッドコアCPUと

マルチスレッド最適化ソフトの可能性を視野に入れておく必要性といった感じかな。



今回は堅苦しい内容で文字も多いので読むのは一苦労…もし全部読んだ方がいれば

お疲れ様でしたm(__)mたまには真面目な内容もね♪

といった感じで久ぶりの更新でハリキッテ長文ダラダラと失礼…

ではでは、次回更新はもっとお気楽な内容にしようと誓いつつ

バイバイヨゥ(・ω・)ノシ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。